top of page

トレーナーとして考える呼吸機能の重要性



呼吸は人間が生きていく上で欠かすことのできない運動であり、この世に生を授かってから人生を終えるまで生涯をとおして繰り返し行う運動です。


運動というだけあって筋トレと同じように筋肉を使って骨を動かします。

当たり前の事ですが筋トレは正しいフォームで行うことが絶対です。

正しいフォームで行えなければアプローチしたい筋肉を使う事が出来なかったり、関節への故障のリスクが増大します。


呼吸は1日に約20,000回行うと言われていますが、例えば誤ったスクワットを20,000回も繰り返せば身体を壊しそうだと想像できますよね?

呼吸も同じように正しく行えなければ姿勢不良がおこり、関節痛や自律神経の不調、栄養摂取などにも害がでたりします。

特に運動の現場では姿勢不良により腰やそのほかの関節に痛みがでたり、最悪の場合は肉離れなどの怪我につながります。


本来呼吸運動では添付写真にマークした後縦隔が吸気時に横へ広がりますが、誤った動きをしている場合は横への広がりが無く、ただただ上へと上がったりします。

※ここでいう呼吸運動とは腹式呼吸とか胸式呼吸という呼吸法ではなく、自然に息を吸った時の人間本来の動きです。


もし、現状で姿勢不良や関節痛、パフォーマンスの伸び悩みなどがあれば一度ご自身の呼吸を見直してみてはいかがでしょうか。






Featured Posts
Recent Posts
bottom of page