© 2016 Active Motion

トレーナーブログ| Active Motion|パーソナルトレーニング|台東区|上野|浅草|入谷

Blog

March 23, 2019

タイトルの通り、運動を続けていくには自分が楽しめる運動の趣味を見つけるのが一番。

仮につらくても楽しい思いが勝っていれば継続しやすいです。

運動は心身ともに健やかにさせてくれる最高なものだと僕は考えています。

身体が鍛えられて、自律神経も安定させてくれてストレスなんかは吹っ飛んじゃう!

運動してる時間は嫌な事も真っ白に忘れられる!

趣味が見つからない方にちょっとしたアドバイスですが、何事も興味を持ってみることが大事かな…

って、思います。

下の動画はそんな39歳の僕が学生時代から続けている趣味のほんの一部です。

僕はこの趣味で健やかな生活が送れています!

March 19, 2019

ダイエット目的でご入会された会員のO様は入会後約9ヶ月で約9㎏の減量に成功しています。

大まかにいえば1ヶ月で-1キログラムの減量です。

無理せずに理想的な食事や適度な運動を普段の生活に落とし込んでいく【習慣化】

これこそがActive Motionでは大事だと考えています。

呼吸法、感覚入力、ボディーコントロールなどを身に付けながらトレーニングをしていくプログラムで身体は変わってきました。

見た目の変化だけではなく、自分の身体を思うように制御出来る能力も発達しています。

本人の目標としては年内にあと-2〜3㎏。

この調子でゆっくり焦らずに頑張って頂きたいですね!!

March 18, 2019

バランスのとれた食事って言われてもピンとこない人が多いのではないでしょうか。

何をどれだけ食べたらいいのかを知る事はとても重要な事です。

知っていながらバランスがとれない日もあるのと知らないでバランスがとれていないのとでは全くの別物です。

さらに、一日の運動量には個人差があり、運動量の多い人と少ない人では必要な食事量は違います。

気になる方は厚生労働省と農林水産省が策定した食事バランスガイド(下図)を参考にしてみてください。

自分の食事と照らし合わせることが出来るチェックブックもあるので、一度やってみるのもいいかもしれません。

厚生労働省のHPはこちら

厚生労働省のホームページより引用

March 12, 2019

クライアントのYさんは年に数回やってしまうぎっくり腰、慢性的な腰痛などを抱えられているデスクワーカーです。

パーソナルトレーニングをはじめてから徐々に腰の調子もよくなってきてはいましたが、仕事の疲れなどがたまるとやはりぎっくり腰が出てしまっていました。

痛みやぎっくり腰の頻度は減ってもやはり繰り返してしまうため、根本的な身体の改善が必要と判断し、まずは正しい呼吸を覚えていただき姿勢の改善や身体の使い方、あるゆる事に対して感じるというスキルを身につけてもらうプログラムを行っています。

Yさんの姿勢で最初に気になったのは左胸郭のリブフレア(胸郭が開いた状態)でした。

そこで最初はリブフレアを修正していくことを目標にしました。

呼吸プログラム介入後慢性的な腰背部の痛みはだいぶ減ってきているようでトレーナーとしても一安心です。

写真は横...

March 8, 2019

誠に勝手ながら3月31日(日)はPOSTURAL RESTORATION INSTITUTE® PRIジャパンシンポジウムに参加する為、終日定休とさせていただきます。

会員の皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

February 26, 2019

皆さんは横隔膜と聞いてどんなイメージをもちますか?

名前は聞いたことがあってもあまりピンッとくる人は少ないのではないでしょうか。

私自身トレーナーという職業に就くまではあまり気にした事などありませんでした。

しかし、横隔膜の事を知れば知るほど、これは大切な筋肉なんだと思うようになり横隔膜の大切さをスポーツ愛好家やトレーニング愛好家、又はダイエットの為に筋トレを頑張っている方々に知ってもらいたいと思うようになってきた為に簡単に記事に書きたいと思います。

医療従事者やトレーナーの方にとっては当たり前のことだと思いますのでスルーして下さい。

横隔膜は呼吸において重要な役割を持ち胸腔と腹腔を隔てる膜状の筋肉です。

横隔膜が収縮すると下に下がり胸腔内圧をを下げ吸息させます。

その際、腹腔の容積は減るので腹圧を高めてくれます。

これが吸気(息を...

February 21, 2019

骨盤って皆さんはどのように構成されているかご存知ですか?

知っている方はスルーして下さいね。

骨盤とは中心に仙骨、左右に寛骨という骨から形成されています。

前面は左右の寛骨が結合している恥骨結合があり、後面は仙骨と寛骨からなる関節、仙腸関節があります。

因みに寛骨は腸骨、坐骨、恥骨の3つの骨が癒合してできたものです。

小児では3つの骨は軟骨で結合していますが、15〜18歳の頃に軟骨は消失して3つの骨が癒合して寛骨となります。

骨盤の歪みについて話しを聞くことがありますが、この歪みとは主に仙骨に対して寛骨がニュートラル(中間位)をとれずに片寄ったポジションにはまってしまう事を言います。

(※中間位で居続けることが必ずしもよいわけではありません。大切な事は関節に動きの選択肢があることです)

歪みを起こす犯人として挙げられるのが筋肉です。

...

April 21, 2018

こんにちは!!

Active Motionの杉田です!

今日はタイトルのとおり、ベンチプレスでの肩の痛みについて書きたいと思います。

ベンチプレスと言えばトレーニングのビッグ3とも言われる程の種目です。

特に男性は厚い胸板への憧れから、ベンチプレスが好きって方が多いですよね。

でも、ベンチプレスをやりたいけど肩が痛むから仕方なく他の種目やったりする人もいるのでは?

自分が担当したクライアントさんでも過去何人か痛みがある方がいました。

痛みの箇所を聞くと殆どの場合、三角筋鎖骨部付近を指さします。

そして実際に触診してみると、烏口上腕靭帯にたどり着きます。

上腕二頭筋長頭起始部の辺りになります。

あくまで自分の経験からですが、この場所をリリースすることでベンチプレスでの肩の痛みが消失するケースが非常に多くみられます。

因みにリリースするからと...